何が何だか〈野田聖子議員夫が元暴力団報道➡ネットの賛否両論〉

【ネットニュースよりコピー➡私見➡何が何だか~もう。あんたも苦労するなあ。】 野田聖子の夫は「元暴力団員」報道 ネットでは賛否両論 9/21(木) 18:09配信 8月の内閣改造で総務相に抜擢された野田聖子氏(画像は総務省のYouTubeチャンネルから) 野田聖子総…

荒木一郎かっこいいぞ‼昭和のヒーロー〈まわり舞台の上で〉

今週のお題「読書の秋」 いとしのマックスは好きな歌ですが、不思議な点がひとつ。マックスなんか言う名前の女の子がいるか?恥ずかしい点が一つ。「ゴー‼」という合いの手と言うか掛け声。なんでこんな不思議な、恥ずかしい曲にしたんだろう?と思っていた…

荒木一郎さんの本を読む

凄いボリュームのある本で読み応えある。いちいち、うなづいたり。味わいながら読むため、なかなか、進まない。実名で事例や事件がどんどん出てくるので、いちいち、納得したり、理解したりしている。とても、とても、深い気がする。

世界が平和でありますよう。沢村栄治の遺した教訓。清宮幸太郎の夢。

清宮幸太郎君のプロ志望発言を聞いた。プロ野球に進みたい、大リーグに参加したい、とてもすばらしいことだ。清宮幸太郎君はじめ全国の野球少年のみならず、すべての若い人たちが、いつまでも平和に人生を全うしてもらいたいと願わずにはいられない。 最近、…

赤ちゃんが見ている

【ネットニュースより・私見➡赤ちゃんは話さないけどちゃんと大人の行動を理解している。だから、赤ちゃんに夫婦喧嘩は見せられないよ。】赤ちゃん「努力報われる」認識か…大人の姿見て 9/22(金) 8:48配信 (写真:読売新聞) 【ワシントン=三井誠】大人が…

日本全国総相撲評論家

横綱と大関が何人か休場するので、いろいろと言われている。 ボクは言わない。 年間九十日間も力士は命がけで戦う。 その他の日も戦いの稽古に明け暮れている。 訓練や食事を誤ると死ぬかもしれない。 毎日が戦場だ。死に物狂いの日常だ。気を抜けばけがをす…

注文した荒木一郎さんの本が届いた

といっても、ネット注文ではない。日数かけて本屋に取り寄せを依頼して、連絡があったらわざわざ取りに行くのだ。家族は、なんでそんなかったるいことするのかと言う。ネットでやれば早いのにと言う。新しいことをするのが、めんどうなんだよ。それに、なに…

じいちゃんの家を片付ける

じいちゃんの家を片付ける どっから手を付けていいやら、わからん。途方に暮れる。百五十坪の敷地に三棟の木造家屋が建っている。築80年と50年と30年。モノがあふれかえっている。だれかー助けてくれー。って感じですな。

41歳で1兆円

41歳で1兆円 fefe gokurousan ボクは植木等の方が尊敬できるなあ

健康寿命と資産寿命

健康寿命と資産寿命。それを考えてどのように行動するのか、どう備えるのか。そういうことを真剣に考えていない人は、たとえ、年金を受給していても、75歳とか83歳で不健康になり、破産してしまうのか?単に生物的に生きているだけで寝たきりで預金も資産も…

ついに狂ったか⁉二階幹事長19日会見で「森加計」疑惑について「小さな問題」。(時事通信)

【私見・失言として取り消すべきだ。そうしないと有権者は「二階老境に至りて発狂」と思うだろうな。】 二階氏、森友・加計は「小さな問題」=石破氏「国民は納得せず」 自民党の二階俊博幹事長は19日の記者会見で、学校法人「森友学園」と「加計学園」をめ…

産経新聞より〈トランプの国連演説・非道北鮮を糾弾する「13歳の少女を拉致した国」〉

【私見】ロシアも中国もきちんと考えろ。国際平和を念頭に真剣に行動しろ。地球規模で平和と安全を思え。トランプを支持する‼ トランプ大統領、国連総会演説で北朝鮮の日本人拉致を非難「13歳の少女を拉致した」 9/19(火) 23:52配信 トランプ米大統領は1…

ネットニュースで見たぞ➡松居一代「逮捕」報道の真相

「仰天!松居一代「逮捕」報道の真相 船越自身も事情聴取、事件化へ秒読み段階」 ありうる話だと思う。あんだけ、人のことを誹謗中傷し、日記やパスポートまで無断で持ち出したというじゃないか。ひどすぎる。船越さん、偉い。十分大人の対応だ。

霧の波止場・港のお洒落なバー

若き日のサラリーマンだった嵐山光三郎さんは給料袋を白のスーツのポケットに押し込み、横浜の港の近くのお洒落なバーに飛び込んだが、浅丘ルリ子はいなくて、力道山みたいな体型のママがいた。波止場にも裕次郎はいなかったし、倉庫の裏で不良外国人も麻薬…

マス大山じゃねえぞ。マス〇〇は。犯罪の疑惑のあるやつのことだ。

マス〇〇がテレビに出ているが、告発され、逮捕されるんじゃあないのか?都民の金を多額に渡って使い込んだという疑惑はまだ解決してないのに、のこのこ、テレビに出て来て良いのか?日本は平和だ。日本人は温厚だ。外国だったら、こんなのとっくに国民に嬲…

どうでもいい話。ダレノガレ明美とホラン千秋とマギー。

どうでもいい話。ダレノガレ明美とホラン千秋とマギー。 ダレノガレ明美とホラン千秋とマギーの区別がつかない。 つかなくても、全然不便じゃない。 そもそも、三人とも知らないし。 そんならなぜ、あえて、区別がつかないというのか?すまん、かかあがそう…

豊田真由子が「死ねば⁉」と発言。

先日、秘書に向かって「死ねば⁉」と発言した政治ゴロの女が、今日、謝罪記者会見をしたそうだ。この女は大丈夫か⁉おまえこそ、「死ねば⁉」と世間の多くの人々の声が聞こえないのか?次の選挙に立つそうだ。まともじゃない。

砂羽さんがんばれ

【ヤフーニュースより・以下私見➡砂羽さんの名前を利用してどうにかして表に出たいと思っている輩に利用されただけの話じゃないか‼ 結論➡馬鹿はどこにでもいますね。頑張れ‼砂羽さん雑音きにするな。】鈴木砂羽 演出家継続を宣言「負けたくない」…千秋楽は笑…

有権者は馬鹿じゃあねえぞ‼

有権者はそんなにばかじゃあねえぞ‼なめてんじやねえ。アベシン 【ヤフーニュースのコピー・以下私見➡アベのやることはおかしい。自己中の権化だ。やるなら、やってみろ!有権者はそんなにばかじゃあねえぞ‼小池さんの言うとおりだ‼】解散 小池氏「大義分か…

ボクの編集者

編集者がボクの妻のことを「どう見ても君より二十歳近く年下にしか見えない。」とお世辞を言った。ボクは、(決してその手には乗らないぞ。)と固く心に誓っていたが、思いがけずそれを妻に話してしまった。妻は黙っていた。こういう時の彼女は表情や発言から…

今週のお題「私のおじいちゃん」〈じいちゃんがくれたドングリのプレゼント〉

じいちゃんが亡くなって、告別式も終わった。田舎のお墓の横の公園にくぬぎの木が何本かあった。じいちゃんが亡くなったのはちょうど秋で、今頃のシーズンだった。くぬぎのドングリが公園の地面一面に落ちていた。それをボクの幼子たちがキャッキャッと、は…

銀行の話⑩〈落語研究会出身の新人銀行員に余興を強いるバカ支店長〉

4月になると銀行の社内報で各支店に配属が決まった新入銀行員達のプロフィールが掲載される。有名国立大学出身だとか、留学経験ありだとか、インターカレッジで活躍したアスリート等と華やかに各自の経歴が披露される。A君は関西私立大学の名門落語研究会のO…

銀行の話⑨〈債務者への思いやりを忘れた傲慢な銀行員の末路〉

ボクが支店勤務の銀行員時代の話だ。ボクは長期延滞中の融資先を十指に余るほど抱えていたが、ある時、「網膜剥離」の診断を受け、止むを得ず、入院のために休職することとなった。引き継ぎ事項、懸案事項をノートに書き出して病院へ向かった。当時、担当顧…

大女優に「坊やはおりこうさんね。」と声をかけられた小説家片岡義男

1939年生まれで、かっこいい東京の原風景と日本映画の黄金時代を世間に余すところなく伝えてくれた片岡義男は「スローなブギにしてくれ」で有名な小説家であり、写真家であり、翻訳家である。こんな兄貴がいたら、いいのにと田舎出身の大学生だった筆者は憧…

銀行の話⑦〈銀行員が聞いた暴言・失言〉

何気ない発言が批判の対象に?被災地で気をつけるべき意外な落とし穴 東日本大震災の時、某県の地方公務員の中から有志ボランティアが被災地に派遣された時のことである。彼らは志願して出向いた人たちだから、その志は尊い。しかし、後が悪かった。被災地復…

銀行の話⑧〈上司も部下も。自業自得の銀行員〉

団塊世代のある銀行の支店長の話。 その支店長は営業戦略のない人だった。仕事にビジョンもポリシーもなく、派手な突撃ラッパだけは元気に吹くことができた。飴と鞭で部下を煽てたり、賺したりして支店長職に成り上がった人だから、顧客から見ても頼りないイ…

銀行の話⑥ドラマでもリアルでも悪代官みたいな銀行支店長がほとんどだが、稀には尊敬できる人もいる。

日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」の第九話「消えた約束手形一千万円の話」を見た。 あれ? 似たような話が?・・・と、ついつい思い出すのは、以前、ボクが書いた「<星の降る町で100万円の手形をなくした話> 。これとプロットは一緒だと思った。 さて、…

荒木一郎「空に星があるように」「愛しのマックス」「今夜は踊ろう」「バス通り裏」からカムバックの「温泉こんにゃく芸者」まで

大女優荒木道子の息子。シンガーソングライターの草分け。婦女暴行事件。ミリオンセラー歌手。売れっ子俳優。 事件について擁護する芸能人、小説家、文化人も少なからずいた。かっこいい不良。寡黙な兄貴。 そんなイメージの彼の復帰作が、ポルノ映画「温泉…

嵐山光三郎は、谷崎潤一郎と三島由紀夫について「枯れてたまるか」でこう、述べている。あと、昭和の大スター荒木一郎についても。

「枯れてたまるか」嵐山光三郎著18ページより 「編集者と言う商売には文科系体力が必要で、企画する能力、直観、持続する意思、あとは茶目っ気と義理人情があれば、どうにかやっていける。最も重要なのは直観である。」 なんかわかる気がする。 このあと、嵐…

がんばれ藤波投手

藤波は悲しからずや、虎の色、ハムの色にも染まずただよふ 【ヤフーニュースよりコピー】権藤博氏が虎首脳に苦言「藤浪をトレードに出すべき」 9/16(土) 9:26配信 今季3勝5敗、防御率4.12(C)日刊ゲンダイ コラム【権藤博の「奔放主義」】 藤浪晋太…