荒木一郎「空に星があるように」「愛しのマックス」「今夜は踊ろう」「バス通り裏」からカムバックの「温泉こんにゃく芸者」まで

大女優荒木道子の息子。シンガーソングライターの草分け。婦女暴行事件。ミリオンセラー歌手。売れっ子俳優。

事件について擁護する芸能人、小説家、文化人も少なからずいた。かっこいい不良。寡黙な兄貴。

そんなイメージの彼の復帰作が、ポルノ映画「温泉こんにゃく芸者」だと聞いたときはなんかなんか情けなくて。成人映画が悪いのかよ。温泉芸者じゃ悪いのかよう。と思ったもんだが、事件についてはボクはなんにも知らないし、見てもない事件のことをあれこれ言うのはフェアーじゃないし、離婚や子供との離別、芸能界追放と彼は社会的制裁を受けた後だった。ピンク映画で再デビューしようと彼には彼の生活があり、仕事をして生きて行かねばならなかったわけだ。

 

けど、そんなことを跳ね返してしまうくらい歌っているときの荒木一郎は、都会の不良を演じている時の彼はかっこ良かった。「空に星があるように」や「愛しのマックス」を歌っている時の彼は輝いていたし、「バス通り裏」での大根役者ぶりは見ていてはらはらした。でも、それがかっこいいへたくそぶりだった。まだ、NHKが大根役者に理解があった頃のことだと思う。たぶん。

現在、73歳~75歳くらいか?白いスーツにサングラス。かっこいいぞ‼荒木一郎‼昭和のヒーロー。