お優しい陛下、真備へお見舞い。市長感涙。

今上陛下のお優しさと美智子皇后様の慈しみは国民として有難い事と存じます。復興こそが両陛下に報いることと思います。倉敷伊藤香織市長は、また、また、泣き顔をした。この女性市長は本当に真面目に復興に取り組んでいる。冠水した真備町は、合併前の町政の無能な付けが溜まっていた。その負債を倉敷市が背負わされることになった。そんなことを言っても仕方ない。今は倉敷市だ。旧倉敷も真備も一丸となって早急な復興が大事だ。

 

 

 

 

にしても、天満屋のバカ息子、災害対策無能無策の伊原木隆太岡山県知事は嘆かわしい。真備に何度来た⁉こんな、あほに知事面されて県民はいいつらの顔だ。陛下のSPの後ろを金魚のフンのようについて回っていた。県民をバカにしている。代議士にでもなりたいのか⁉

両陛下、倉敷市真備町を訪問…被災地お見舞い

 天皇、皇后両陛下は14日、西日本豪雨の被災地お見舞いのため、特別機で岡山県入りし、広域が浸水し51人が死亡した倉敷市真備町を訪問された。