再び荒木一郎さんについて〈昭和のヒーローたち〉

 

YouTubeで、子供の頃の野口五郎さんが荒木一郎さんの「今夜は踊ろう」をエレキギターを弾きながら歌っている映像を見た。白黒の映像で一瞬だったが、あれはたぶん、インスタントラーメンのメーカーのエースコックかどこかが提供していた物真似の歌番組だと思う。

うちのは野口五郎は知っているが、荒木一郎を知らない。坂上二郎や鈴木一郎を知っていて荒木一郎を知らないのはどういうことだ。当然、荒木道子は知らない。ナショナルキッドも大鵬も知らない。恐怖のミイラも怪傑ハリマオも知らない。力道山は知っている。が、リアルタイムでは見ていないと言う。


まあ、いい。知らないものは仕方ない。そこで、荒木一郎さんの「愛しのマックス」、「空に星があるように」、「今夜は踊ろう」を歌ってやった。いや、ボクは音痴だから無理矢理聞かせた。それがいけなかった。


「最後の歌は知ってる。こないだ燃えたヨットのオーナー‼」

それは、加山雄三だろって‼

 

西郷どんの脚本家中園ミホ可もなく不可もなく、そして又吉は本編から消えた

西郷どんの脚本家、中園ミホが又吉にどんな家定を演じさせる

か、興味があったが、司馬遼太郎の「最後の将軍」に出てくる

家定のイメージが強すぎてちょっとだけ、不満だった。

でも、又吉はよく演じきったと思う。

後半で小栗旬が出てくるが、司馬さんの「竜馬がゆく」のイメー

ジが強すぎるから、苦労すると思う。

従来の、大河ドラマの感覚で見ると、今回の作品はつまらないこ

とが多い。


一週分、お休みでドラマ制作裏話を放送した回なんか、失望し

た。

何でも、安倍内閣の「働き方改革」の影響で、俳優とスタッフに

深夜労働等、加重労働をさせないように配慮したとか。さすが、

日本忖度放送協会。


あほらっしゃの鐘が鳴る。


カーン‼

「溺れる犬を叩く」と、人の事を笑ってはいけない。

大韓航空オーナーの二女のパワハラがしきりに問題となっているが、韓国女性の怒り方はあんなものらしい。テレビの韓流ドラマにああいう怒り方をする女性が出てくるが、あながちデフォルメされてばかりでもないようだ。日常生活でもよく見かける光景だという。さすが、儒教国家、女性が強いなどと言うところかもしれない。


一般の家庭の女性の怒り方であれば、「バカ」とか「この野郎」とかわめいても、新聞で論ぜられるほど問題にはならない。しかるにこの件がかの国で大バッシングに発展しているのはお得意の「溺れる犬を棒でたたく」という国民性の表れだと断ずるのは早計だ。


大韓航空の社員のうち500人ほどが、オーナー一族の不正、パワハラ、暴力、裏口問題等々をSNSに暴露ページを開設し、韓国警察はその情報を参考にして捜査開始をしたというから驚きだ。


今、ひとつ耳に入ってくる意見の中に、この国は犬が溺れだしたら国家権力でさえも一緒になって棒でたたく。
それから、元大統領ですら溺れた犬となったら、それに敵対する新政権のみならず、警察もマスコミも国民でさえも一緒になって叩きまくる。


そのこと自体を、女々しいゆがんだ国民性だと言って非難することは、た易いが、ひるがえって我が国のことを考えてみる。実はわれわれも韓国の人々と同じことをやってはいないだろうか?


歴史も国民性法律も異なっているが我が国よりかの国が特別劣っていると言う訳ではないだろう。そういう訳だから、我が国民も大韓航空パワハラ問題をみて、見下したり笑ったりしてはいけない。他山の石。わが国民も正義や良心や他人を思いやる心を、ゆめゆめ忘れてはならない。

ミスターサンマルチノのご冥福をお祈りします

 

ブルーノサンマルチノが逝った。82歳だった。
 
抜きんでたパワーと大型レスラーの中では最高と言われたスタミナでマジソンスクウェアガーデンの帝王として七年にわたり、WWWFのチャンピォンとして活躍した。
 
偉大なレスラーだった。

ご愛用車に関する重要なお知らせと言うはがきが届いた。

f:id:ctokuta:20180419154444j:plain

軽自動車のメーカーから、ボクのポルシェ(うそ!軽の中古車だけど)について、よくわからない料金別納郵便が届いた。

よくわからない内容だ。

 

注意喚起のラベルについて

①エンジンルームに右記

ラベルが貼り付けされて

いるか今一度確認ください。

 

という文言に始まって、自社に落ち度はないが、無能なユーザーが事故らないように面倒見てやるから、命が惜しかったら言う通りにした方が良いぞ、という丁寧語で書かれた恫喝分とも受け取れる手紙だった。

戦前は上陸用舟艇の製造で軍部に加担した企業のなれの果てだから、とても世界のトヨタや日産のようには、いかないが、読んでいて腹が立ったぞう。

 

村田 諒太さんへ マンモス 西 談話(fake news)

 

 

「村田はん。今夜の勝利おめでとうさん。けど、ちょっと気になったもんやさかい、言わしてもらいまっさ。一階級上げて体重増やして戦うなんてやめなはれ。悪いことは言わん。自殺行為や。あんさんは、WBAミドル級の宝や。これより上の階級で戦かわんかて、よろしいがな。 

もうひとつ、言わして。年末の統一戦なんてリスキーや。悪いことは言わん。ゴロフキンとの対戦はやめときなはれ。なんせ、相手は『戦いの神』やで。
WBAミドル級チャンピオン村田諒太』のままでええやおまへんか。」


    (元丹下ジム所属日本ミドル級ランカー
     マンモス 西こと、西 寛一)

     DSC_3902

 

 

かつて巨人軍にいた剛球投手ショーヘイ

オオタニ・ショーヘイ君が大リーグで大活躍しているが、

今から60年前、東京読売巨人軍で背番号59をつけた投手がいた。

彼はケガにより巨人軍を辞め、渡米しプロスポーツ選手として

名を上げた。

身長2m9cm。

アメリカでのニックネームは東洋の巨人。

ショーヘイ・ババと言うのがプロモーターとしての彼の名。

プロ・レスラーとしてはビッグ・ババと呼ばれた。

日本では、ジャイアント馬場として知られている。