宮本武蔵の謎

歴史小説を大衆小説から国民文学の地位に引き上げたと言われる吉川英治は大変な苦労人で小学校も出ずに丁稚奉公をしながら独学で小説を書き、「新書太閤記」や「新・平家物語」、「太平記」、「水滸伝」を世に出したという。

中でも昭和十年から連載した新聞小説宮本武蔵」は大人気となった。「宮本武蔵」は何度も映画、テレビ、舞台で演じられ、漫画や絵物語にアレンジされている。

吉川英治は何度と無く講演依頼を受け、そのつど繰り返し言い続けてきた次のような言葉がある。

「私は一小説家です。歴史学者ではありません。『小説宮本武蔵』は取材、調査はしたけれども、あくまで私の描写による創作された人物です。」

吉川英治の「宮本武蔵」の底本は「二天記」であると言われる。「二天記」は『吉川武蔵』のイメージ通りである。特に「舟島の巌流佐々木小次郎との決闘シーン」は、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』である。

武蔵の行動、巌流との会話、立会人の様子、果し合いの内容、舟島の情景、決着のつき方等など。そして、戦前、戦後しばらくの間、多くの映画、テレビ、舞台、絵物語、漫画などは、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』の通りに描かれてきた。

しかし、「二天記」は、武蔵の死後、百十年以上経ってから武蔵の縁者が舟島の船頭の子孫から聴いた話をまとめた物で、史実としての価値は低いと言う歴史家が多い。眉目秀麗な青年、長身天才剣士のイメージの佐々木小次郎は決闘当時、五十歳を超えた無骨な髭だらけの男と言う説もある。

そもそも「佐々木小次郎と戦った」と武蔵自身が著作「五輪の書」に一行も書いていない事から、「小次郎創作説」もある。武蔵自身についても「武蔵二人説」がある。また史料価値の高いとされる「五輪の書」にしてからが「生涯六十戦余りで無敗」と記録されていて疑問視する史家がいる。

武蔵が戦ったのは十三歳以降十五年間ほどであるから、ほぼ三ヶ月に一度ずつ真剣勝負を行い相手を倒していたことになる。異常な勝負強さ、無敵の剣術家と言う他ない。それなのに「五輪の書」には命懸けの果たし合いをした相手の名は「有馬喜兵衛」と「秋山某」の二名しか書かれていない。

下関市在住のある郷土史家が宮本武蔵佐々木小次郎の真実を知りたくて舟島(船島、巌流島)の明治時代を土地登記簿謄本から調査し直した事がある。写真も明治以降現代に至るまで数十点を集め、江戸時代の舟島の絵図面や錦絵まで検証した。地元の古老にも伝承を取材した。

その結果、舟島は武蔵と小次郎の決闘以降、自然の変化(潮流による土砂の堆積、または侵食)と戦前の三菱造船の軍艦の造船施設の構築のため、地形が大幅に変わっていた。時に二島に分裂したりもしている。

結局、武蔵と小次郎の真実に触れるどころか、舟島の地形の検証のみで1冊の本を書き上げてしまった。つまり、地球上にはどこにも武蔵と小次郎の戦った時代の舟島は存在しないのだ。

現実はある意味残酷で小説のインタレスティングを奪ってしまう。しかし、下関の郷土史家は吉川英治を世界的作家として認めている。国民的作家ではなくてだ。小説は史実を逸脱しているから、認めないという事ではない。史実はひとつとは限らない。

小説に言う宮本武蔵と京都の吉岡憲法一門の一乗寺下り松の決闘を含め、武蔵は吉岡一門を皆殺しにした事になっているが、吉岡家は染色業として家系は残った。吉岡家伝来の古文書によると吉岡憲法が武蔵と立ち会ったのは事実だが、憲法は武蔵の額を割ったとしている。

武蔵は「今のは相討ちだ」と主張したけれど再試合を誓った約束の場所に二度と現れなかった。怖気づいて逃亡したと言うのである。吉岡家が剣術家を廃業したのは洛中騒乱の罪を被った為と言う。しかしこれは吉岡家の史実である。

史実と小説は表裏一体である。小説は史実を写す鏡である。小説はでっち上げであると蔑む必要もないし、史実は何の面白みもないと突き放す必要もない。史実は小説よりも奇なりである。

 

勝利のVサイン

元祖はイギリスのチャーチルがプレスのインタビューを受けた時に、ヨーロッパ戦線の勝敗の結末を質問されて「我々はかならず勝つ!」と言い、カメラマンに向かって取ったポーズに由来するものだ。
ボクは、巨人の星で甲子園大会に向かう星飛雄馬に向かい、父一徹が投げ掛けた必勝のVサインが心に焼き付いている。
今じゃあ、子どもも大人も、写真を撮る時、皆必ずこのポーズをする。

勝利のVサイン

元祖はイギリスのチャーチルがプレスのインタビューを受けた時に、ヨーロッパ戦線の勝敗の結末を質問されて「我々はかならず勝つ!」と言い、カメラマンに向かって取ったポーズに由来するものだ。
ボクは、巨人の星で甲子園大会に向かう星飛雄馬に向かい、父一徹が投げ掛けた必勝のVサインが心に焼き付いている。
今じゃあ、子どもも大人も、写真を撮る時、皆必ずこのポーズをする。

勝利のVサイン

元祖はイギリスのチャーチルがプレスのインタビューを受けた時に、ヨーロッパ戦線の勝敗の結末を質問されて「我々はかならず勝つ!」と言い、カメラマンに向かって取ったポーズに由来するものだ。
ボクは、巨人の星で甲子園大会に向かう星飛雄馬に向かい、父一徹が投げ掛けた必勝のVサインが心に焼き付いている。
今じゃあ、子どもも大人も、写真を撮る時、皆必ずこのポーズをする。

何も辞めなくったって< 貴ノ岩の決断 >

辞めなくたっていいだろうと思うのは浅はかなファン心理だろうか?

本人でなければ分からない苦しみというものがあるに違いない。

辞めてどうやって食っていくんだ?

これもまた浅はかなファンの疑問だろうか?

僕が心配しなくったって、ドルジはちゃんと貯えもあるし、将来に備えて計画もあるのだろう。

貧乏で明日の展望もないニートの僕に心配されたら、ドルジのほうが迷惑だろう。

まあいいじゃあないか。若いし。ドルジの新しい門出を幸あれと祈ってやろう。( これも大きなお世話?んだなー。)

貴ノ岩が暴行した?

びっくりした。まさかと思った。しかし、付け人のケガとショックはどうだろう?大したことなければよいが。

ドルジもここんところ、大変だったからなあ。今回は加害者だけど、被害者の付け人も含めかわいそうだ。
また、一部の心ないモンゴル人が騒ぐだろう。
それにつけても、一連の騒動の原因を作った前科元力士や黒い鵬は許せない。