宮本武蔵の謎

歴史小説を大衆小説から国民文学の地位に引き上げたと言われる吉川英治は大変な苦労人で小学校も出ずに丁稚奉公をしながら独学で小説を書き、「新書太閤記」や「新・平家物語」、「太平記」、「水滸伝」を世に出したという。

中でも昭和十年から連載した新聞小説宮本武蔵」は大人気となった。「宮本武蔵」は何度も映画、テレビ、舞台で演じられ、漫画や絵物語にアレンジされている。

吉川英治は何度と無く講演依頼を受け、そのつど繰り返し言い続けてきた次のような言葉がある。

「私は一小説家です。歴史学者ではありません。『小説宮本武蔵』は取材、調査はしたけれども、あくまで私の描写による創作された人物です。」

吉川英治の「宮本武蔵」の底本は「二天記」であると言われる。「二天記」は『吉川武蔵』のイメージ通りである。特に「舟島の巌流佐々木小次郎との決闘シーン」は、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』である。

武蔵の行動、巌流との会話、立会人の様子、果し合いの内容、舟島の情景、決着のつき方等など。そして、戦前、戦後しばらくの間、多くの映画、テレビ、舞台、絵物語、漫画などは、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』の通りに描かれてきた。

しかし、「二天記」は、武蔵の死後、百十年以上経ってから武蔵の縁者が舟島の船頭の子孫から聴いた話をまとめた物で、史実としての価値は低いと言う歴史家が多い。眉目秀麗な青年、長身天才剣士のイメージの佐々木小次郎は決闘当時、五十歳を超えた無骨な髭だらけの男と言う説もある。

そもそも「佐々木小次郎と戦った」と武蔵自身が著作「五輪の書」に一行も書いていない事から、「小次郎創作説」もある。武蔵自身についても「武蔵二人説」がある。また史料価値の高いとされる「五輪の書」にしてからが「生涯六十戦余りで無敗」と記録されていて疑問視する史家がいる。

武蔵が戦ったのは十三歳以降十五年間ほどであるから、ほぼ三ヶ月に一度ずつ真剣勝負を行い相手を倒していたことになる。異常な勝負強さ、無敵の剣術家と言う他ない。それなのに「五輪の書」には命懸けの果たし合いをした相手の名は「有馬喜兵衛」と「秋山某」の二名しか書かれていない。

下関市在住のある郷土史家が宮本武蔵佐々木小次郎の真実を知りたくて舟島(船島、巌流島)の明治時代を土地登記簿謄本から調査し直した事がある。写真も明治以降現代に至るまで数十点を集め、江戸時代の舟島の絵図面や錦絵まで検証した。地元の古老にも伝承を取材した。

その結果、舟島は武蔵と小次郎の決闘以降、自然の変化(潮流による土砂の堆積、または侵食)と戦前の三菱造船の軍艦の造船施設の構築のため、地形が大幅に変わっていた。時に二島に分裂したりもしている。

結局、武蔵と小次郎の真実に触れるどころか、舟島の地形の検証のみで1冊の本を書き上げてしまった。つまり、地球上にはどこにも武蔵と小次郎の戦った時代の舟島は存在しないのだ。

現実はある意味残酷で小説のインタレスティングを奪ってしまう。しかし、下関の郷土史家は吉川英治を世界的作家として認めている。国民的作家ではなくてだ。小説は史実を逸脱しているから、認めないという事ではない。史実はひとつとは限らない。

小説に言う宮本武蔵と京都の吉岡憲法一門の一乗寺下り松の決闘を含め、武蔵は吉岡一門を皆殺しにした事になっているが、吉岡家は染色業として家系は残った。吉岡家伝来の古文書によると吉岡憲法が武蔵と立ち会ったのは事実だが、憲法は武蔵の額を割ったとしている。

武蔵は「今のは相討ちだ」と主張したけれど再試合を誓った約束の場所に二度と現れなかった。怖気づいて逃亡したと言うのである。吉岡家が剣術家を廃業したのは洛中騒乱の罪を被った為と言う。しかしこれは吉岡家の史実である。

史実と小説は表裏一体である。小説は史実を写す鏡である。小説はでっち上げであると蔑む必要もないし、史実は何の面白みもないと突き放す必要もない。史実は小説よりも奇なりである。

 

〈矢吹丈から村田諒太へ〉

村田。お疲れさん。
最終回、ノーガードで打ち合う凄さに感動した。アメリカで堂々と戦った。
負けたけど、前王者の名に恥じない立派な戦いぶりだった。
今は、次のことは考えずに、ゆっくり、やすんでくれ。
勇気と元気をありがとう。

元東洋バンタム級チャンピオン
矢吹 丈

横綱輪島リングデビューと引退

1986年( 昭和61年 )の2月26日の18時頃、単車を転がしていたサラリーマンのボクは交差点の真ん中で日産サニーと正面衝突して全身骨折、左膝靭帯断裂、左膝半月板損壊で国立病院に救急搬送された。

入院生活は長期間に及び、その間にタレントの岡田ユキ子が死んだ。全国信用保証協会の専属CMタレントだった彼女の理不尽な自殺にボクはショックを受けた。
また、その頃全日本プロレスに入団した元大相撲横綱輪島大士のリングデビュー戦テレビ放送も国立病院のベッドの上で見た。

輪島のデビュー戦の相手は、たしか、新日本プロレスから移籍したばかりのタイガー・ジェット・シンだった。タイガー・ジェット・シンというと、コアなプロレスファンでなくても、その奇妙な日本のプロレス界への初登場についてはご存知の方は多いと思う。昭和48年の『 11・5新宿伊勢丹前事件 』と言うと、「ああ、あれか。」と、すぐに思い当たるのではないか。ボクは大学の後輩から事件を聞かされた。

カナダのカルガリーで貿易商であり篤志家として地元では有名な元アマレス五輪選手のタイガー・ジェット・シン新日本プロレスからの要請を受け、昭和48 年の晩秋の夕刻、東京の繁華街でアントニオ猪木を襲撃して傷を負わせた。もちろん、フェイクであり、「 遺恨発生!決着はリングで。」と言う新日本プロレスのアングル、つまり「やらせ」事件であった。

それから13年目にタイガー・ジェット・シンは永年の友好的な契約パートナーの新日本プロレスから競合先のライバル会社全日本プロレスに職場を変更した。『 新日本プロレスとの契約終了、全日本プロレスとの新規契約 』へと彼が決意した最大の理由はギャランティーの増額もさることながら、日本のプロレスリングで日本の元国民的英雄スモウレスリング・グランドチャンピオンと仕事ができると言う栄誉が一番であった。

ところが、試合結果は不完全燃焼の両者リングアウト、ドローであった。輪島にとっては大相撲時代には経験したことのない引き分け試合であった。自分の役回りが理解できず、試合後茫然と立ち尽くす輪島。「 こんなしょっぱい相手とやってられるか! 」とばかりリングを降りて行くタイガー・ジェット・シン

テレビマッチだったので、解説者席にいた馬場さんは、すかさず天龍源一郎選手を呼び、何事か耳打ちしてリング上の輪島に向かって走らせた。元横綱輪島の二年後輩で元二所ノ関部屋の力士だった天龍は当然のことながら輪島をリスペクトしている。天龍が輪島に何事か耳打ちするのをテレビカメラは、はっきりと捉えていた。

後年、全日本プロレスから離れた天龍は、昭和61年の輪島デビュー戦の真相についてこう語った。

( 馬場さんは輪島さんの商品価値を守ろうとした。シンにもファンにも、

『 輪島は、大相撲では元横綱でもプロレスでは幕下並みだ。』と思われるのを避けたかった。

それでこう言った。

『 天龍!輪島に伝えろ。ぼさっとせず、すぐにリングを降りてシンを追いかけろ。叩きのめして来い。 』 )


輪島は素直に馬場さんや天龍の指示に従ったが、プロレスは大相撲とは勝手が違うようでプロレス特有のフェイクやギミックに慣れることはなかった。
二年間、全日本プロレスで頑張ったが、チャンピオンになることはなく引退した。
四十歳だった。

ゼニヤのネクタイ

息子から電話で「ゼニヤのネクタイあげようか?」と言う。


「銭屋?」


1500円くらいするのかと思って「うん。」と答えておいたが、


ネットで調べたら、


Ermenegildo  Zegna  31320円(税込み)と表示されていた。

〈 埼玉県秩父市に範馬勇次郎あらわる 〉71才だった。

【  以下はヤフーニュースのコピーです。

元はテレ朝です。

最強のじいちゃん。いよっ‼熊殺し。熊を崖から落とした。無事でよかった。それが一番。

良い子は決してマネしないようにね。 】

 

                         ↓   

 

70代男性が登山道でクマに襲われるも撃退 埼玉

10/14(日) 7:03配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 埼玉県秩父市雲取山に向かう登山道で71歳の男性がクマに襲われましたが、格闘の末にクマを撃退しました。男性は山小屋の従業員で、両腕を引っかかれて軽傷です。

 13日午前9時半ごろ、雲取山へ向かう登山道で71歳の男性が木の上にいる子グマを見掛けたところ、木の下には母グマとみられるクマがいて突然、襲われました。警察によりますと、男性は手に持っていたストックなどで応戦し、クマは山の斜面に落ちました。ところが、クマが斜面を登ってきたため、男性は再び格闘して斜面に落として追い払ったということです。男性は両腕を爪で引っかかれ、自力で下山して病院で手当てを受けました。男性は登山道にある山小屋で働いていて、小屋に向かう途中でした。警察はクマが出たことを受けて、登山客に注意を呼び掛けています。