読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活費の半分が本代に

 

紀伊國屋ジュンク堂宮脇書店や熊沢書店に、しょっちゅう行く。

生活費の半分が本代に消えてゆく。

かみさんはあきれているが、もう苦情は言わない。

そういう状況に慣れてしまったのだろう。

であっても、貧乏暮らしにあまり変化はない。

三島由紀夫の『美しい星』映画化

 

三島由紀夫の小説『美しい星』が映画化されるのか。


見に行こうと思う。


1962年発表の小説だから、


当時は、ノーベル文学賞候補・鬼才三島由紀夫の作品にしては、


冗漫な駄作扱いされて三島自身も弱ったという話をきいたことがある。


村田諒太惜敗に思う  元世界バンタム級一位 矢吹 丈 ほかのコメント(フェイク)

22:05

腐るな。村田くん。君はまだ若い。あせらず、じっくりと次のチャンスを待つがええ。

                          元丹下ジム会長 丹下段平



村田‼てめえの人生だ。てめえで落とし前つけろ。

                        元世界バンタム級一位 矢吹 丈
 
 


立って。立つのよ。村田君。貴方はこんなところで立ち止まっていてはいけない。
ボクシングに対して神聖な負債があるのよ。死んだ力石君だって許しません。

                          元白木ジム会長 白木葉子

〈ON砲のうちОについての思い出〉一本足打法、フラミンゴ、ビッグワン~昭和のヒーローたち②

早稲田実業から甲子園大会に出場した王貞治選手が、東京読売巨人軍に入団した。彼もまた、長嶋茂雄選手に負けないほどのスターであった。巨人軍不滅の大記録九連覇はON砲の力によるところが大きい。

王選手が一シーズン55本塁打を放つと、世間のファンは狂喜した。

ご両親の出身地をとやかく言う心無いヤジを飛ばす少数のファンがいたが、ファン自身が王選手を守った。心無いヤジを飛ばす人たちはグラウンドから放逐された。

王選手自身も非常な人格者で広い心と感謝の気持ちでファンに対した。

永年、偉大な打者として選手生活を送り、ホームラン王はじめ、数々のタイトルを獲得した。

 

漫画家の森田拳児氏は、選手時代の長嶋選手と王選手を見て、この二人は将来、監督として日本シリーズで対戦するだろうと予言した。

 

安倍晋三内閣総理大臣発言「そういう下品な表現は止めなさい。」

 

国会の予算委員会だったか野党議員から以下のような質問が安倍晋三内閣総理大臣になされた。

「森友問題において、安倍昭恵夫人と籠池夫妻は無関係どころか、ずぶずぶの関係じゃあないですか。」

「設立趣意書の黒塗りの部分に『安倍晋三記念小學院』という学校名が書いてあると籠池氏は言っているが、

真っ黒に塗りつぶされていてわかりません。『真っ黒黒塗り』ですよ。」



与党も野党も下品な応酬は止めなさい。国民の前で醜態をさらすな。政治家を目指す子供が日本にいなくなるぞ。

〈東京読売巨人軍長嶋茂雄選手の思い出〉~「昭和のヒーローたち①」

東京読売巨人軍立教大学から長嶋茂雄が入団した。

六大学のスターだった長嶋はテレビ、新聞、雑誌の取材を受け、時代の寵児として、

プロ球界でもスターとして華々しくデビューした。

晴れやかなプレーと明るい性格、屈託のない笑顔、男らしい立ち振る舞いで、

長嶋茂雄は瞬く間に日本プロ球界のトップスターとなった。

 

映画やテレビドラマ、少年向けの漫画雑誌にもたびたび登場した。

あるとき、少年漫画雑誌に長嶋茂雄選手が実名で登場した。

架空のストーリーだが、ある誘拐事件に巻き込まれた長嶋選手が、

犯人一味と相対し、被害者の少年を救い出したところへ警視庁のパトカーが

大挙して現れ、犯人一味を一網打尽にする。

その日はナイターで後楽園球場で巨人ー阪神戦が組まれていた。

犯人一味から少年を救い出そうとしていた長嶋選手は当然試合に遅刻する。

警視庁の刑事が気を利かせ、パトカーのサイレンを鳴らし、後楽園球場まで

長嶋選手を連れて行く。

 

試合は九回の裏、ツーアウト満塁、スコアは阪神3点ー巨人0点

ここでホームランが出れば、巨人の逆転サヨナラ勝ちだ。

グランドに飛び出す長嶋!代打を告げる川上哲治監督!

 

バッター長嶋打席に立つ!阪神のピッチャーはザトペック村山実

村山渾身の剛速球‼長嶋思い切り振りぬく‼

ホームラン‼代打逆転サヨナラ満塁ホームラン‼

 

長嶋の劇的なホームランを絶叫し中継するアナウンサー。歓喜する大観衆。

 

 

今は昔の話だが、 

燃える男長嶋茂雄ミスタージャイアンツの誕生のころの

少年漫画週刊誌の一コマである。

 

 

この漫画誌が当時創刊されたばかりの少年マガジンだったか、少年サンデーだったか、

私は忘れた。ご存知の方がいたら、ご教示願いたい。昭和三十年代の初頭、プロ野球は輝いていた。復興日本も高度経済成長期に向かってまっしぐらに進もうとしていた。

男の心に「魔がさす」のは、こんな時!!

~モテた事のない男が、突然モテ出した時~

 褒められてモテたと錯覚する等など。



 

 

 

「魔がさした」という言い訳は使わないほうが良い。

みっともなく、且つ「ダメ人間です」と言うようなものだから。


浮気や不倫をするのなら、

破局しても仕方がない」と言う覚悟が必要です。


「家族」がいる場合は、その様なことを考えるべきではない。

そもそも、浮気や不倫をすべきではない。

自分の欲望に打ち勝つことができない人間は情けない人間です。

家庭を壊し、自分のパートナーを泣かせることになるのです。


自分が良ければそれで良いという考えが全てを狂わせるのです。

一度の過ちで、全ての信用を失ってしまうのです。