〈 グレート東郷を名乗るオアフ島の謎の男の正体 〉

 

 

流智美の黄金期プロレス50選 vol.1 戦後悪役の権化 東郷&シーク [DVD]

 

ボクは、何年もあるプロレスラーについての謎を抱えていた。ハワイの
みやげ物屋で1981年にガイドさんから、
「この人は力道山とともに戦った有名なプロレスラーのグレート東郷さんです。」
と紹介された男の正体についてである。
 
1981年にボクは新婚旅行でハワイのオアフ島にいた。
プロレスファンだったボクはグレート東郷がその時故人であったと言う事を知っていたが彼に、
「ピクチュアー・ウイズ・ミーOK?」
と、写真撮影をせがんだ。彼が東郷本人ではないが東郷ブラザーズの誰かに違いないと直感したからである。彼は承諾してくれた。
そして、ボクの妻も彼に写真をせがむと彼は気さくにOKした。
ボクがカメラを向けると元レスラーはさりげなく妻の腰に手を回して
写真に納まった。それは、アメリカ人の男がするごく普通のツーショット撮影のマナーに思えた。
彼はほとんど日本語が話せなかった。顔は日本人でも言葉や立ち振る舞いはアメリカンそのままだった。
 
日本に帰ってプロレス週刊誌の出版社にボクは写真を送った。返事はなかった。あれは誰だったのか?東郷ブラザーズのうちの誰かだったのだろうか?
 
 
ボクの謎の答えは、「私、プロレスの味方です」の村松友視さんの「七人のトーゴー」の中に書かれていた。
1981年にボクたち夫婦が写真を撮った「グレート東郷」を名乗った元レスラーはハロルド坂田である。
映画俳優として「007 ゴールドフィンガー」、「力道山物語 怒涛の男」、「ロックフォードの事件メモ」他に出演している。
 
梶原一騎先生が紹介した通説では、朝鮮動乱の時、米軍の慰問団として来日したプロレスラーの一員のハロルド坂田が酔った力道山と路上ファイトの末、引き分け、意気投合して、力道山をプロレスの世界に引き入れたということになっている。
 
つまり、ボクは日本プロレスの父力道山の恩人であり、著名な映画スターとハワイオアフ島の土産物屋で記念撮影をしたことになる。
 
しかし、あの時、ハワイのツアーの観光ガイドさんは確かにハロルド坂田をボクらに紹介するとき、
「彼は力道山とともに戦った有名なプロレスラーのグレート東郷さんです。」
と言った。なぜ、そんなウソをついたのだろう?
 
確かに、ハロルド坂田は東郷ブラザーズとして「トシ東郷」を名乗ってアメリカでリングに上がっていたことがある。トシ東郷やハロルド坂田では、きっと日本人にはわかりにくいと思ったのだろう。
 
しかし、ボクのようなプロレス好きは、グレート東郷はすでに死んでいたこと、ハロルド坂田とトシ東郷は同一人物で、映画俳優とレスラーを兼業していたこと、そして、失業していた力道山にプロレスと言うニュービジネス(ニュープロスポーツ、新しい興行ビジネス)を教えた人だと言う知識は持っていたこと等からすれば、目の前に現れた元レスラーのおじいさんが
ハロルド坂田(トシ東郷)なのに、「有名なグレート東郷さんです。」などと紹介されては混乱してしまう。
 
ハロルド坂田さんはボクが会った翌年の1982年にハワイで亡くなった。62歳だった。ボクはハロルド坂田の死亡はニュースで知っていたが、新婚旅行で出会った偽物のグレート東郷が、ハロルド坂田であったと言う事はつい最近知ったのであった。

 

[007カード] "007/ゴールドフィンガー" 2013 Rittenhouse Goldfinger #96 ハロルド坂田

ボクがハワイで会ったのはハロルド坂田だった。

泣いた支店長と軽い重役と面白半分の私

 

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂7版

 

 

 

 

 

先日のパワハラ常務の話の続き。常務にも取り巻き、友人がいたが、平取締役に落ちた瞬間に潮が引くように周りから人が消えた。

 

パワハラ常務が目を掛けた部下がいた。仮にAと呼ぶ。

この男はパワハラ男が常務取締役になった日に、「○○常務を励ます会」を結成した。

常務を励ますと言いながら、常務さんが専務取締役、頭取にでもご栄進の暁には、ぜひともおこぼれ頂戴というベンチャラごますりグループである。

 

グループのメンバーが高級飲み屋に常務をご招待し、ただ酒飲ませて見返り頂戴饗応をするのである。そんなグループを作る男だけにもちろん仕事はできない。

魂心Tシャツ パワハラやめて(LサイズTシャツ黒x文字白)

パワハラ常務がボード入りした頃(役員会入りを指す)、Aは私の上司の支店長だった。母親の敷地の上にマイホームを建てよう住宅金融公庫の借り入れを希望した。ところが土地の持ち分のある弟、妹が母親から相続する時不利になると邪推し、押印を拒否した。

 

Aは夜、安酒場に私を呼び、泣きながら弟、妹をなじり、私に何とか家を建てる方法を考えてくれと言った。

「住金がだめなら当行の住宅ローンを使いましょう。常務にも応援していただいて。」

Aは底地を担保としない限り住宅ローンは不可能と思い込んでいた。仕事のできないまま管理職に就いた男に私は哀れな気がした。

それと、常務の応援は、将来自分が出世する時の切り札にしたいから、今借りを作りたくないと言った。(常務はアホだし長くは持たない。今、利用しなくてどうするんだ。)

 

「実務ではよくあることです。常務の応援と言っても形だけ。大丈夫です。」

 

私は書類を整え、審査に回す前に常務に説明しておくから、10分だけ常務に時間を割いていただけないかとAに告げた。

 

就任後仕事もなく、ヒマだが大物感だけは出したかったのか、常務は某日の夜七時本店近くの料理屋を集合場所に指定した。(昼間、常務専用室くらいにしとけばいいのに。料理屋の経費は絶対に常務に出させてはいけませんよとAに告げた。)

 

Aと私は常務に面談し、Aの変則的な住宅ローン借り入れの説明をした。担保不足はAが保有の当行株券を担保として差し出すこと。支店長は自己融資に当たるので他の支店から稟議するのに常務推薦の支店を紹介して欲しい旨を告げた。

 

こうすれば書類上は常務はこの件に関わったことにならない。しかし、推薦された店の支店長は常務案件と思い、審査部には速やかに決裁承認してくれと言わずにいられない。

 

私は持参した書類を見もせず、うんうん頷きAの要望を聞き入れた常務を見て半ば失望した。(こんな軽い無分別なのが役員とは。)私は自分で絵を描いた変則的な住宅ローンだったが通らなければよかったのにと矛盾したことを考えていた。

 

かくいう私は仕事に情熱を持って取り組まないし、ルール違反すれすれだし、Aの不幸を面白がって貸出したし、出世しないのも納得だなと心中で自己批判していた。

 

銀行で無能者が権力の座に座り即滑り落ちた悲惨

バカ上司の取扱説明書 (SB新書)

頭取の娘むこが常務取締役になった。仕事のできない男だったが、田舎歌舞伎の女形みたいな容姿に惚れた頭取のバカ娘に言い寄られて結婚した。

バカな子ほど親は可愛いという。

バカな子と同様バカな頭取は個人商店でもないのに娘むこを重役にした。

 

 

バカなむこは常務就任の挨拶で己の無能を棚に上げ、昨今の業績低下の原因を各店の支店長のせいにした。

威圧的な大演説をした。

 

「ミツバチは蜜を集めてこそミツバチだ。お前らは何をしていたんだ!最近の大幅な業績ダウンはお前らのせいだ。蜜を集められんハチはハエと一緒や!お前らはハエや!」

 

 

ところが、因果応報。バカなむこ常務は大蔵省検査で大失策を犯し、平取締役に落とされ退職した。

その後、郊外の水族館の入場券のもぎりの係になった。妻子を連れて水族館に行った私の後輩銀行員が顔を合わせた。後輩は頭取のバカ婿と面識があった。目が合うなりバカ婿は、うなだれて入場券の半券を後輩の銀行員に渡した。

 

後輩は気の毒な気もしたがかつて自分たちをハエと言った人だから同情する気にはなれないと言った。

 

 

 

 

 

代引き詐欺に完璧騙され被害金の帰りを待つカンペキの母

 

キングアーカイブシリーズ④岸壁の母

 

 

今朝、郵便局配達さんが
「とくたさん、代引き荷物です。50600円になります。」
それから、配偶者や、子どもを巻き込んで侃々諤々家族大ゲンカ
ネット通販装った詐欺と判明した。
受け取り拒否。警察へ通報で一件落着。
 
 
腹立つので替え歌にした。「岸壁の母」を元歌に、「カンペキの母」
 
一、詐欺は来ました  今日もまた
  この玄関に 今日もまた      「代引きです。50600円です。」  
  代引き詐欺と 知りながら
  もしやもしやに  もしやもしやに
  引かされて
 
    セリフ   前にも着払い詐欺に騙されたのに
          今もあの金は帰らない
          この玄関で待っているわしの姿が見えんのか
      
          詐欺師の名前はチクってないのに
          なぜ、金を返してくれぬのじゃ
      
          返さないなら詐欺師のおっさん
          ちょっと待てよと言うてんか
 
(歌に戻る) 言うてくださいおがみます
 
 
 
 
詐欺師許すまじ❢地獄へ落ちるぞ悪党ども❢

ドラゴン怒りの鉄拳(字幕版)

マグマ大使と菅官房長官

誰もが知りたい菅義偉官房長官の本音

官房長官が新総理大臣に決まったが、わしの高校の同級生に顔が似ている。

同級生は、一浪して成蹊大学に入った。学歴は現職の総理大臣と一緒だが、顔は次期総理大臣そっくりだ。

名前は江木としおと言うが、マグマ大使を呼べる訳ではない。

地味だが、良い男だった。

自己主張をしない。怒ったりしない。
ので、黙って江木の弁当食ったり、みんなで喫茶店に入りとしおがトイレに行くと全員店の外に出て戻って来た彼を驚かすいたずらをした。

彼の自宅にみんなで上がり込み、ベッドの下から出て来た平凡パンチを勝手に没収した。

それでも、怒らないお人好しだった。温厚な男だった。

異論を唱えないのでクラスで勉強しない5人のアホグループにわしが引き込んだ。


しかし、文化祭の時、アホグループから姿が見えず、としおはどこへ行ったんやろ、また、トイレやろ(胃腸が弱かった。この点も安倍晋三ニトリ。)などとうわさしてた。

アホグループみんなと体育館に入ったら、ステージ上でとしおがメインギターでベンチャーズのナンバーを演奏していた。アホメンバーは驚いた。

ベースは理数科の委員長でドラムはハイジャンプで高校総体7位のやつだった。
下級生の女子がキャーキャー騒いでいた。
としおはひょっとしたらすごい男なんじゃないかとアホメンバーはびびった。

しかし、文化祭がすんで江木は、わしらアホグループに何事もなかったかのように戻って来た。相変わらず、彼の弁当のオカズだけ内緒で食べたり、体育館シューズを隠したりしてみんなでいじり倒した。

けど、怒りもせず、いつもつるんでいた。相変わらず温厚だった。ギターの名人ということが学校中に知れ渡ったが相変わらず、彼女はできなかった。わしらアホグループの派閥にいたからだ。

顔は菅官房長官に似ていた。名前はマグマ大使の子役と同じ。

マグマ大使 パーフェクトブック

 

97歳の優しかった隣のばあちゃんがレビー型認知症に

レビー小体型認知症 診療ハンドブック

家の女が隣の人と話ちう。
 
「おばあちゃん、元気?」
 
レビー小体型認知症になってね~。」
 
「えっ。なに?ベビー?赤ちゃんに帰るの?」
 
「違う。逆。逆。怒ったり、凶暴になったりすることがある。」
 
あほと思われたに違いない。
 
 

仕事しない銀行員

 

日本一のゴマすり男 [DVD]

高校の後輩で銀行時代の10年くらい後輩の奴が地方のテレビのニュースに出ていた。仮にAと呼ぶ。
銀行がコロナ対策の設備をしたというつまらないローカルネタで、担当部長としてインタビューを受けていた。
 
Aは新入の時、高校の後輩ですと言ってすり寄って来た。
次に役席者に大学の後輩ですと言って近づき、支店長には郷里が一緒ですと言い、
担当役員には妻の父が大学の同期ですと言ってコネ作りに熱心だった。
ごますり男というのともちょっと違うか。
 
仕事はできなかった。コネ作りや自己宣伝、売り込みに多忙で実務は不得手だった。
中年になった。ある営業店で再開した。融資業務について教えて教えてと、すり寄って来た。
大蔵省検査でわしがミスをやってしまったら、パッと離れて行った。
 
 
検査後、上司がお前に敗者復活のチャンスをやると言って、事業所向け融資班のチーフにするという内定をくれた。
が、上司から翌日、「すまん。やはりそのまま、融資係を続けていてくれ。」と言われた。
 
 
融資班の若手から、「昨夜、Aさんが支店長に自分を売り込んでましたよ。
そんで、『とくたさんは家族に病人がいるから、融資班のチーフは務まりませんよ。』と告げ口していました。」と教えられた。
 
 
テレビで久しぶりにA君を見かけたが、相変わらず、そういう活動ばかりに熱心な男に見えてしまった。
一度、ついた色というか、レッテルはなかなか剥がせない。こわいですな。
 
テレビドラマの銀行員はかっこいいが現実の銀行員は、しょぼすぎ。
 
 

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX