宮本武蔵の謎

歴史小説を大衆小説から国民文学の地位に引き上げたと言われる吉川英治は大変な苦労人で小学校も出ずに丁稚奉公をしながら独学で小説を書き、「新書太閤記」や「新・平家物語」、「太平記」、「水滸伝」を世に出したという。

中でも昭和十年から連載した新聞小説宮本武蔵」は大人気となった。「宮本武蔵」は何度も映画、テレビ、舞台で演じられ、漫画や絵物語にアレンジされている。

吉川英治は何度と無く講演依頼を受け、そのつど繰り返し言い続けてきた次のような言葉がある。

「私は一小説家です。歴史学者ではありません。『小説宮本武蔵』は取材、調査はしたけれども、あくまで私の描写による創作された人物です。」

吉川英治の「宮本武蔵」の底本は「二天記」であると言われる。「二天記」は『吉川武蔵』のイメージ通りである。特に「舟島の巌流佐々木小次郎との決闘シーン」は、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』である。

武蔵の行動、巌流との会話、立会人の様子、果し合いの内容、舟島の情景、決着のつき方等など。そして、戦前、戦後しばらくの間、多くの映画、テレビ、舞台、絵物語、漫画などは、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』の通りに描かれてきた。

しかし、「二天記」は、武蔵の死後、百十年以上経ってから武蔵の縁者が舟島の船頭の子孫から聴いた話をまとめた物で、史実としての価値は低いと言う歴史家が多い。眉目秀麗な青年、長身天才剣士のイメージの佐々木小次郎は決闘当時、五十歳を超えた無骨な髭だらけの男と言う説もある。

そもそも「佐々木小次郎と戦った」と武蔵自身が著作「五輪の書」に一行も書いていない事から、「小次郎創作説」もある。武蔵自身についても「武蔵二人説」がある。また史料価値の高いとされる「五輪の書」にしてからが「生涯六十戦余りで無敗」と記録されていて疑問視する史家がいる。

武蔵が戦ったのは十三歳以降十五年間ほどであるから、ほぼ三ヶ月に一度ずつ真剣勝負を行い相手を倒していたことになる。異常な勝負強さ、無敵の剣術家と言う他ない。それなのに「五輪の書」には命懸けの果たし合いをした相手の名は「有馬喜兵衛」と「秋山某」の二名しか書かれていない。

下関市在住のある郷土史家が宮本武蔵佐々木小次郎の真実を知りたくて舟島(船島、巌流島)の明治時代を土地登記簿謄本から調査し直した事がある。写真も明治以降現代に至るまで数十点を集め、江戸時代の舟島の絵図面や錦絵まで検証した。地元の古老にも伝承を取材した。

その結果、舟島は武蔵と小次郎の決闘以降、自然の変化(潮流による土砂の堆積、または侵食)と戦前の三菱造船の軍艦の造船施設の構築のため、地形が大幅に変わっていた。時に二島に分裂したりもしている。

結局、武蔵と小次郎の真実に触れるどころか、舟島の地形の検証のみで1冊の本を書き上げてしまった。つまり、地球上にはどこにも武蔵と小次郎の戦った時代の舟島は存在しないのだ。

現実はある意味残酷で小説のインタレスティングを奪ってしまう。しかし、下関の郷土史家は吉川英治を世界的作家として認めている。国民的作家ではなくてだ。小説は史実を逸脱しているから、認めないという事ではない。史実はひとつとは限らない。

小説に言う宮本武蔵と京都の吉岡憲法一門の一乗寺下り松の決闘を含め、武蔵は吉岡一門を皆殺しにした事になっているが、吉岡家は染色業として家系は残った。吉岡家伝来の古文書によると吉岡憲法が武蔵と立ち会ったのは事実だが、憲法は武蔵の額を割ったとしている。

武蔵は「今のは相討ちだ」と主張したけれど再試合を誓った約束の場所に二度と現れなかった。怖気づいて逃亡したと言うのである。吉岡家が剣術家を廃業したのは洛中騒乱の罪を被った為と言う。しかしこれは吉岡家の史実である。

史実と小説は表裏一体である。小説は史実を写す鏡である。小説はでっち上げであると蔑む必要もないし、史実は何の面白みもないと突き放す必要もない。史実は小説よりも奇なりである。

 

講道館浅見三平八段(当時)の話

ボクは、浅見先生について大きな勘違いをしていた。ひとつは、浅見道場は杉並ではなくて中野弥生町にあったらしいのだ。なにしろ、学生寮が十貫坂上にあって歩いて五分、鍋屋横丁からは、中野弥生町も、杉並との区の境もすごく近かったのだ。

 

もうひとつは、浅見先生のことを柔道好きの好々爺くらいにしか思っていなかった。講道館の機関紙『柔道』誌の2000年三月号に『加納治五郎先生の高弟』として、三船久蔵十段とともに浅見三平先生の名前が載っていた。

いま、思えば、先生の言葉の端々に明治の柔道家の話が出てきたものだった。嘉納先生の息子さんは、まったく柔道とは縁のない人だからとおっしゃったので、そんな人が講道館の館長っておかしくないですか?とボクが言うと、でも、講道館って言っても仕事はたくさんあるからと、言われた。三代目館長は嘉納師範のお孫さんだが、柔道の段位は初段と言う話だ。

 

ボクは浅見先生がフレンドリーに何でも答えてくれるのをいいことにずけずけとものを言ったかも知れない。今だったら、とてもそんな無礼なことは言えない。

 

もし、講道館に道場破りが来たらどうするのですか⁉館長が最高師範じゃあないんですか⁉柔道を知らない、やったことがない、あるいは、柔道初段の館長って頼りなさ過ぎでしょう?他流柔術は実戦派だったり、古流の戦場格闘技そのままってこともあるでしょう?大昔の創成期の、講道館四天王の時代なら、姿三四郎(西郷四郎)だって、富田常次郎だって、徳三宝だっていたでしょうに。

 

だからね、と、浅見先生は言葉を継がれた。

だから、三船先輩がね、ずいぶん、そういう人たちの相手をしたから。あの人は強かった。私の胸くらいの背丈でね、

( と、浅見先生は自分の胸の前で手のひらを下に向けて三船十段の身長を示した。)

まあ、155、6センチと言うところかな。

(157cm50㎏と言う記録があるが、現在、YouTubeで180cmくらいはあろうかと思われる外人の柔道留学生と乱取りをして汗一つかかず、隅落とし=空気投げで投げ飛ばす映像が公開されている。72歳の時の稽古風景と言われているが、名人の名は誇張ではなく、本気の乱取りであるとボクは断言する。)

そういう人達( 道場破り )を専門に相手していたから。

三船先輩は数少ない講道館の十段だけど、気性は激しい人だった。名人とか達人とか言われたのは晩年で、先輩も70歳くらいになってからのことだから。

僕なんかは臆病だから、そういうことはしない。

 

浅見先生の言葉は随分謙遜が入っていたのをボクは真に受けていた。そして聞き流してそのまま、何十年か経って、嘉納派講道館流は館長さんが柔道の素人で、三船久蔵十段や浅見三平八段がね言葉は悪いが、用心棒の役を担っていたのではないかと気付いてハッとした。

心臓僧帽弁膜症手術をなめていた医師

最初の手術は10月15日。
七時間かかったらしい。
全身麻酔で寝ていたボクには記憶がない。

集中治療室で目覚めると異常に喉が乾いた。
まだ、水は飲めない。
氷の小さな欠片を一個、口に入れてもらう。
それが実にうまい。


それにもまして命が助かったということの喜びが大きかった
傷は痛むけれど、二週間、中央病院で入院して退院後は一か月ほど地元の病院で入院することが決まっていた

二回の入院後ボクは職場に復帰した
このころ、ボクは入院前よりはるかに顔色が悪く土気色をしていた

職場の連中は病み上がりのボクに気を使い黙っていたがボクの顔色は相当悪く、明日にでも死にそうな顔をしていたそうだ


職場復帰して一か月経ったが、手術する前より胸が苦しい

駅の階段がきつくて何度も休まないと上れない

あまり、ひどいので、地元の病院で検査してもらうと

検査結果を見て担当の医師がびっくりした

これは苦しいはずだ

数値が悪すぎる

すぐ、この診断結果を持って中央病院に行ってください

場合によっては再入院ということにもなりかねませんとその医師にと言われた



はたして、

最初の手術は失敗だったのだ

検査結果を見た医師の顔色が変わった

すぐ、手術をしましょうと言われた

一回目の手術は失敗だった

二回目の手術は12月27日だった

正月は集中治療室で迎えた

胸の手術後は大変痛かったが、胸の重苦しさや息苦しさはなくなっていた

ボクは最初の手術の執刀医に言いたいことがあったが彼は転勤した

二度とボクの前に姿を現さなかった



最初の手術前にその時の担当医が僕に言った言葉を思い出す

簡単な手術です

手術の時間は長いですが大丈夫です

99、9%の患者さんが成功して元気に復帰されています

ボクは運悪く失敗する側の患者だったのだ

講道館の浅見先生について

ボクは杉並の浅見先生の道場にしばらく通っていた

先生は時々昔話をしてくださった

四国出身の強い男がかつて浅見道場に通っていた

ある時、警察から連絡があり呼ばれた

その弟子がトラックの運転手と喧嘩をしたと聞かされた

身元引受人が必要だが親は四国にいるからということで

浅見先生を頼ってきたらしい

どんな喧嘩をしたと聞くと盛り場で肩がぶつかったとかでけんかになったらしい

相手は五人ほどで全員足腰立たないくらい投げ飛ばしてやったというので

君は怖いなと先生は言ったという

先生の若いころは立ち合い、試合でけがを負っても文句は言えないし

試合のけががもとで一生、障害を負うことになった人がたくさんいたそうだ

だけど、試合は試合で相手に恨みもないし、結果、障害者になっても

相手を憎むことはなかったそうだ

君は相手を憎み、怪我させてもかまわないと思って投げたろう

それは相手を殺してやろうと思って投げることと変わりがない

わたしはけがをさせようと思って試合したことは一度もない

わたしは相手を倒すとか、傷つける柔道は教えられない

弱い柔道家だが、君はそれでもわたしの道場にこれからも来るのかい

先生はそうおっしゃったところ、

弟子は、申し訳ありません、二度と喧嘩は致しませんと言った

その弟子は卒業して四国に帰っていった

その後どうしているかわからないと先生は言った

 

 

48・11・5白昼の惨劇〈アントニオ猪木〉

11・5新宿伊勢丹前事件と言うと、コアなプロレスファンでなくても、「ああ、あれか。」と、すぐに思い当たる人はいるはずだ。

ボクがその事件の第一報を聞いたのは、後輩の口からだった。

新宿伊勢丹前で、偶然、猪木夫妻と遭遇した数名の外国人レスラーのうちの一人が、猪木に殴りかかって猪木は負傷。
パトカーが出動する騒ぎとなったと言うのが事件のあらましだ。

ボクは、昔、猪木の師匠の力道山が、赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」で、村田勝志に腹を刺され、それがもとで死亡した事件を思い出した。

なにか、とんでもない不条理が、ボクの好きなヒーローたちの身に降りかかってきているように思えたのだ。
赤坂の時も、新宿の時も。


そして、この後、事件は思わぬ方向に動く。猪木は、警察の事情聴取を「興行上のトラブル」としてかわして事件にはしないとプレスに語った。

その後、この騒動の相手を新日本プロレスの興行に参加させた。インド生まれのカナダの実業家で篤志家のレスラーとの試合を各地で興行して回った。

曰く。「借りは、リングの上で返す。」

これは、実は、猪木が仕組んだアングルだった。カナダ人レスラーと猪木の間には遺恨もわだかまりもなかった。その後、長くビジネスパートナーとして新日本プロレスの利潤に貢献した。


カナダ人レスラーの名前は、タイガー・ジェット・シンと言う。

パク・ヨンハの死を悼む

神戸サンテレビ冬のソナタが月曜日で最終回を向かえる。
劇中、サンヒョクを演じたパク・ヨンハの事を思いだしてしまった。
日本では、サンヒョク役と同じくらい歌手としての才能の方が有名だが。

自殺は、誠に痛ましい。韓流ドラマのファンじゃなくても、死ぬことはないのに。
こうやって2003年の分の再放送を見るたびに思うが、死んでしまったら、「その後の冬のソナタ」とか、「10年後の冬のソナタ」でリメイク版を撮影しようにも、それができひんやないの、と言うふうに思う。

戦艦大和の機関士

ボクは大阪で働いていた頃、さる内航貨物船会社の社長と知り合った。

名前は、大和さんと言った。

若い時、戦艦大和に機関士として乗っていた。

大和が米軍機の集中攻撃を浴びて撃沈された時の海戦で

命が助かったが二千数百名の上官・戦友が戦死してしまったことを悔やんでいた。

毎年、戦友たちの命日には彼らが散っていった海に出向いて行って供養をしていた。


優しくて面倒見があって男気のある人だった。

ボクがサラリーマンだった時に大変お世話になった方だった。

ボクは大阪を離れてずいぶん経つが今でも大和さんが語ってくれた戦友たちとの思い出話を

ときどき思い出してやるせない思いがする。

同期が過労死した〈 ボクが宅建を取った訳 〉

同期が過労死した。まだ、29歳だった。

大学ではラグビー部にいた。人一倍頑丈な身体をしていたはずの男がなんで、こんな目に合うのだ。
結婚して数年で、女の子と男の子が一人ずついた。訃報の少し前に、同じように幼子を連れた彼の家族とボクの家族が偶然、ぬいぐるみショーの会場であったばかりだった。

支店長によると、同期の彼は昼間は金利引き下げを受けて法人や駆け込み預金のお客の家を休む間もなく訪問し続け、夜は利下げ後に一気に提出する融資案件の構成のため職場で、半徹夜 が続いていたそうだ。

同期の出世頭で、同期の飲み会ではいつも中心にいた。年代を越えたゴルフコンペでもいつも上位だった。スポーツマンで話題豊富で周りを和ませたので、役員や上司、先輩、お客にも人気があった。

残業続きの明けで支店長主宰の接待ゴルフの打ち上げで、表彰式の司会中にマイクで話していてドスンと仰向けに倒れた。
彼がふざけていると勘違いした支店長が、「おい、君。ふざけるのはやめたまえ。」と言ったが、身体は、もうすでに動かなくなっていた。

救急車で運ばれた病院で心不全と診断された。


ボクは、彼を死なせたのは支店長であり、銀行だと思う。明るく、スポーツマンに見えた彼だが、生前、ボクには悩みを打ち明けた事がある。

ちょうど、ボクが、大阪の支店に転勤する前のことだ。もう、しばらくは会えないかも知れないと彼は電話で告げ、ボクを屋台の一杯飲み屋に誘った。


「大阪転勤、よかったな。お前は頭がいいから、出世するだろうな。俺の分まで頑張ってくれ。」

ボクは驚いた。彼こそは同期の出世頭で文武両道と思っていたその本人の口から、そんな言葉が出るとは夢にも思わなかった。

「俺は、そろそろ、この銀行を辞めようと思う。仕事はきついし、家族のもとにも帰れない。日曜は日曜で嫌な支店長のちょうちん持ちで、接待ゴルフだ、宴会だと、召使い扱いだ。
銀行に入って、覚えたのはノルマの消化方法と『預担*』くらい。決算書の分析もできないし、商業科出て入行した後輩の女子行員の方がまだましだ。」


やけに厭世的な彼の言葉が最後の会話となろうとは、ボクは夢にも思わなかった。

「辞めてどうする。」

「親戚が田舎で小さな不動産屋をやっている。跡継ぎもいないし、そこに行くつもりだ。」

それから、彼は亡くなった。


告別式に間に合わなかったむボクは、彼と特に仲の良かった二年先輩の人と彼の実家に向かった。


同期の両親の悲しみ様は見ていて気の毒で哀れで僕と先輩は滞在中、ずっと涙が止まらなかった。

線香をあげてお香典を供えお悔やみを申し上げると父親が息子のことを話し始めた。

「息子は、かねがね言っていました。自分は銀行員は務まらない。残業で身体を壊しそうだし、寝不足で運転中、何回も事故を起こしそうになった。ノルマができないと、人格を否定されるように罵倒されるし、給料もいつまでたっても増えない。
接待ゴルフだ飲み会だと上司にいいように振り回されて、肝心の銀行業務や決算帳簿、外国為替、融資案件の取り組み方法については何も指導してくれない。質問しても自分で勉強して身につけろと突き放される。そして、なにより、仕事に生きがいも熱意も持てない。健康状態も限界だし、精神的にも参っていると。」

母親が言葉をつないだ。

「先週、あの子から電話がありました。叔父の不動産会社に入れさせてほしいから、話を通してくれというものでした。銀行はどうすると聞いたら、来週にでも退職届を出すのだと。もう決心したからと言っていました。」

そして父親はボクらに言った。

「私の兄弟が不動産屋をやっていまして、息子は空いた時間で不動産の免許を取る勉強をやっていました。息子と仲良くしてくださったあなた達に形見と言って何もないのですが、この不動産の資格試験の本をもらってやってください。それから、息子のように過労で職場のせいで命を縮める人が出ないような会社にしてください。」

先輩とボクはありがたくご両親のご意思をいただいた。先輩は参考書をボクは問題集をもらった。
同期の家を辞して後、先輩が僕に言った。

「お前、あいつと親友だったんだから、これで勉強して。、いつか宅建取ってやれ。」


先輩はもらったばかりの参考書もボクに押し付けた。

「いやですよ。俺、不動産に興味ないし、頭悪いし。ムリムリ。」

「いや、亡くなったあいつは同期の中じゃお前が一番頭いいと言ってた。すまんが、お前、いつでもいいから、それがあいつの供養だから、弔い合戦と思って、宅建取ってやってくれ。」


先輩は調子のいいことを言って、すべての責任をボクに負わせた。ボクは仕方なく勉強を始めた。

それでも、相変わらず、銀行のノルマやバカな勤務体系は変わらずボクらにのしかかってきた。あんまり、たびたび、不合格が続いて受験をあきらめた年もあった。合格まで年月がかかりすぎて同期の受験しようとしていた資格は「宅地建物取引主任者」から、「宅地建物取引士」と名称が変わった。

やっと合格した時にはボクは中年を過ぎていた。合格して間もなくボクは銀行を退職した。



  *預担=預金担保貸付
     預金を担保として拘束し貸し付ける融資方法
     融資は、預担に始まり、預担に終わるともいう。
     単純預担もあるが、預金者と借入人が異なる場合など権利関係が複雑になることもある。

     同期が預担は簡単と言ったのは手続きは単純だというほどの意味でした。