ありんこアフター・ダークの修羅場

荒木一郎さんのありんこアフター・ダークに登場するヒロインのモデルは荒木さんの友人たちや青学の付属に通っていた人たちなら、誰でも知っている女性だとか。その女性のだんなさんがこの小説を読んでそのヒロイン(つまり自分の奥さん)の小説内のエピソードを事実だと信じ込んで、大変の修羅場になったらしい。友人や同級生たちが「あれは小説だから。」と必死になって説得したが、旦那さんは奥さんを許せないと怒ったそうだ。荒木さんも罪なことをしたと、別の著作で後悔していたが、気の毒としか言いようがない。胸が痛む。